So-net無料ブログ作成
検索選択

Biometar 120mm F2.8の修理 [日記]

絞り羽根が閉じなくなっていたBiometar 120mm F2.8を修理に出してきました。
原因は油による固着だったみたいです。参考までに料金は7,350円でした。
レンズのメンテで良くあるグリス交換は7,000~8,000円のことが多いので、妥当
な価格かと思います。

biometar120.jpg
ちなみに、このレンズはマウント側にあるピンを押すと常に絞り開放になり、その状態でサイドにあるレバーを押すと設定値に絞られます。いままでマウントアダプターで使用した限りではこのピンが押されることはありませんでしたが、Pentacon Sixのカメラだと連動するのかもしれません。

ただ、レンズリアキャップをした状態でもピンが押されてしまい、ばねを縮ませたままでおくのは少々精神衛生上良くないです。リアキャップしない方がいいかな?と思ったりもしてます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。