So-net無料ブログ作成

APO-LANTHAR 90mm F3.5 SLⅡ使ってみた [レンズ]

心の中に機材のウェイティングリストがあったりする…
これ、カメラ趣味の方ならご理解いただけること多いと思います。

自分の場合、レンズが中心ですが、その中にあって常に上位にいたのがタイトルのレンズです。元々私は焦点距離50~90mmのレンズが好きです。今は、風景メインにやっているので超広角ズームやFisheyeレンズを使うこと多いですが、好みの描写としてはやはり上記焦点距離です(ただし、広角でも対称型は大好きです)。

なかなか購入に至らなかったのは、APS-Cセンサーにつけると画角が135mm相当になってしまうこと。135mmはオールドレンズに良くある焦点距離で、自分はZeiss JenaのSonnarを持っていますが、使いづらく感じてました。しかしながら、生産終了になりついに踏み切った次第です。

前置きが長くなりました。撮影データです。
カメラ…D300
WB=太陽光、F3.5で絞り優先、JPEG Fine Lサイズで記録。
加工等…20%に縮小、Exifデータ消去

apo_lan_t01.jpg

apo_lan_t02.jpg

apo_lan_t03.jpg

apo_lan_t04.jpg

apo_lan_t05.jpg


これ、試写というより、散歩ついでにカメラも持って行ったという感じで撮りました。背面液晶でチェックなどは一切せずに。いかにも適当な構図で、PCで取り込んだ時に自分の写真ながら苦笑してしまいました。しかし、まあ、葉桜の左の方など生々しく写っていて、性能の一端が確認できて良かったです。

メーカーの資料(アーカイブ)は コチラ になります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。